ホーム >  認知症かな?と思ったら

  • いきいき支援センターとは
  • どっか行くとこない?
  • どんなサービスがあるの?
  • 認知症かな?と思ったら
  • 中区で安心して暮らしたい(中区地域包括ケア推進会議)
  • 保健・医療・福祉関係の皆様へ
  • リンク集

認知症かな?と思ったら

家族教室(参加無料・要予約)

認知症の方を介護しているご家族は、初めは症状や対応について不安を感じたり、悩んだりされることがあります。この教室では認知症の知識を深め、介護者同士の交流をとおして、ひとりで悩まず、心にゆとりを持って介護できるようにお手伝いします。

認知症おしゃべりカフェ(参加無料・予約不要)

こんな不安や悩み、ありませんか?

  • 認知症の家族がいるが、どうしたらいいのかわからない…
  • 近所の知り合いの人が認知症かもしれない
  • 認知症を予防するにはどうしたらいいの? etc…

☆認知症に関する情報提供や、介護に携わる方々の情報交換などを行います。

お申し込みは不要です。当日、会場へお越しください。

  • チラシはこちら(PDFファイルが開きます)

もの忘れ相談医による専門相談(参加無料・要予約)

こんな不安や悩み、ありませんか?

  • 最近、もの忘れが気になる
  • ものをよく失くしたり、急に怒りっぽくなった。
  • もしかして認知症?
  • 家族が認知症と診断された。認知症とはどういう病気?

もの忘れ相談医とは、認知症診断の知識・技術や、家族からの話しや悩み等の相談に応じるための研修を修了した医師のことです。

個別に認知症の症状や治療、ご家族の不安や悩みなどお気軽にご相談ください。

 • チラシはこちら(PDFファイルが開きます)

認知症サポーター養成講座(参加無料)

認知症の方が住み慣れた地域で、自分らしく暮らすためには、地域の方々の理解や支えが必要です。認知症の種類・症状・対応方法・心構え等をお伝えするための講座を行います。

上記以外に、中区内を出張して認知症サポーター養成講座を行います。

認知症サポーター養成講座の開催を企画される等、認知症に一定の理解や関心を寄せられる民間事業等を、「認知症にやさしい事業所」と位置付けるとともに、これを市民に広くアピールできる啓発グッズとして、「卓上タイプの幟旗」を配布すしております。

認知症初期集中支援チーム

認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で 暮らし続けられるために、認知症の方の自宅を訪問し本人やその家族に早期に関わる サポートをおこないます。

はいかい高齢者おかえり支援事業

認知症の方の徘徊による事故を防止するため、地域の皆さんの協力を得て、徘徊されている方を早期に発見する取り組みです。

認知症カフェ

■なごや認知症カフェ

認知症カフェは認知症の本人やご家族、地域住民、専門職など、認知症に関心のある誰もが気軽に集まり、仲間づくりや情報交換を行う拠点です。

■中区認知症カフェ

名称 サービスの種類 所在地 開催日時 参加費・申込
中区としわカフェ 認知症カフェ

平成28年6月8日(水)スタート

介護老人保健施設セントラーレ(中区金山五丁目8番1号)

TEL:052-882-1040

毎月第2水曜

9時半~11時半

参加費:100円

申込み:不要

まつばら認知症カフェ 認知症カフェ

平成29年1月18日(水)スタート

NTT西日本東海病院(中区松原二丁目17番5号)

TEL:052-291-6223

年4回

15時~16時半

参加費:100円

申込み:必要(当日参加も可能)

ページトップへ