ホーム >  中区で安心して暮らしたい(中区地域包括ケア推進会議)

  • いきいき支援センターとは
  • どっか行くとこない?
  • どんなサービスがあるの?
  • 認知症かな?と思ったら
  • 中区で安心して暮らしたい(中区地域包括ケア推進会議)
  • 保健・医療・福祉関係の皆様へ
  • リンク集

中区で安心して暮らしたい(中区地域包括ケア推進会議)

中区地域包括ケア推進会議

DSC01488 DSC01500

介護まつりin なか2016

DSC01488 DSC01500 DSC01500

平成28年11月20日日曜日 中区役所ホール、中区役所6階会議室にて

中区役所ホールでは地元アイドルOS☆Uメンバー3名とともに認知症サポーター養成講座「OS☆Uと一緒に認知症サポーターになろう!認知症になっても安心して暮らせる中区のために」〔老いの風景〕でおなじみの渡辺哲雄さんによる特別講演会「ストーリーケアの勧め 初期認知症高齢者から自発性を引き出すケアの方法」を開催しました。

区役所6階メイン会場【きて・みて・さわって!介護いろいろ紹介ブース】では福祉用具や介護用品、介護サービスや施設紹介など、介護に関するあらゆる情報を各ブースで紹介しました。

多職種連携交流会

DSC01488 DSC01500

平成28年11月12日土曜日 名城病院大会議室にて

中区医師会・歯科医師会・薬剤師会及びケアマネージャー・介護関係事業者が参加して「多職種連携研修会・交流会」を開催しました。

Do!きらきら健康まつり

DSC01488

平成28年10月18日 火曜日 在宅サービスセンター3階 研修室にて

「第3回Do!きらきら健康まつり」では、自分らしく輝く高齢期をお過ごしいただくために、新しい総合事業の説明と、その中の一つである運動型サービスをご紹介し、ご自宅でもできる軽い運動や体操を体験いただきました。

「あたらしい総合事業のお役立ち情報」の発行

平成28年6月より開始されました名古屋市のあたらしい総合事業のサービス、事業者情報を中区版として平成28年10月に作成しました。

あんしん情報カプセルを配布

あんしん情報カプセルとは?

救急搬送される時に必要な「緊急連絡先」「現在治療中の病気」「かかりつけ医」などを記入した「緊急時あんしん情報シート」や「薬剤情報提供書」などを専用の容器に入れ、ご自宅に保管しておくことで万一の救急時に備えるものです。

あんしん情報カプセル

認知症専門部会

認知症ケアパス発行しました。

認知症の人やそのご家族が、認知症の状態に応じて、いつ、どこで、どのような医療や介護サービスを受ければよいのか、サービス利用の流れをわかりやすく示したものです。

おやっ?と思ったそのときから手にとってご活用いただけます。

中区のお役立ち情報発行しました。

〔認知症にやさしい事業所〕啓発グッズ作成

〔認知症にやさしい事業所〕啓発グッズ

中区内で認知症サポーター養成講座を開催、受講された企業、民間事業所等を「認知症にやさしい事業所」と位置づけさせていただき、広く市民にアピールできる啓発グッズとして卓上タイプの幟旗を作成しました。認知症サポーターキャラバンマスコット「ロバ隊長」とともに皆さんに愛されるグッズとして広く定着することを願っております。

はいかい高齢者おかえり支援事業模擬訓練

DSC00419 036

平成28年10月19日 水曜日

大須観音境内、大須商店街にて「はいかい高齢者おかえり支援事業模擬訓練」を実施しました。大須商店街の皆様にもご協力いただきながら、認知症の方にどのように声をかけて安全を確保していくかをメインとする「声かけ体験」を行いました。

地域の方だけでなく、当日大須商店街へお見えになっていた観光客を含め78名の方が参加。

おかえり支援サポーター登録の周知も実施しました。

認知症市民講演会

DSC00419

平成28年12月7日 水曜日 中区役所ホールにて開催しました。

講師に国立長寿医療研究センター予防老年学研究部部長 島田裕之氏をお招きし「自分でできる認知症予防~最新予防法コグニサイズとは~」をテーマに健康的な高齢社会を目指すための認知症予防について、脳と体の機能を向上させるコグニサイズの実践を交えて楽しく話を聞くことができました。

認知症キャラバンメイト交流会を開催

DSC00419 DSC00419

認知症サポーター養成講座開催時の講師を担うキャラバンメイトの資質向上と連携、情報共有・交換を図る交流会を開催しています。

回想法のまち 中区をつくろう

回想法リーダーフォローアップ講座を開催しました。

DSC00419

平成29年1月26日 木曜日 中区在宅サービスセンター 研修室

NPOシルバー総合研究所 来嶋修二氏を講師にお迎えし、「テーマ設定の工夫」「認知症のある方が参加されたときの回想法の進行について」などこれまでの活動の中で困った点、疑問点について講義を頂ました。

回想法リーダー(ボランティア)が中区内を出張して回想法を行います。
[問合・申込先]中区いきいき支援センター電話番号052-331-9674

ページトップへ